電話番号

長野県長野市大字
長野西之門町933-4

  ふとん屋の4代目が熱く語る!
 ▼▼2011年『年頭ご挨拶』▼▼


箱山ふとん店にいこう

みよちゃんの自家製お漬物

十一月のお漬物 

      ‐代々伝わる箱山家の味‐ 『元祖なら漬け』 

 

DSC03364-小.jpg  <材料>

 ・白ウリ[Sサイズ]

  (25個×半分=50枚分)

 ・塩(約500g)

 ・砂糖(約1kg) 

 ・酒粕(4kg)













【かんたんレシピ】・・・今回はちょっと難しいかも

1:白うりをタテ半分に切り2等分にし、中心の種部分をスプーンで削りおとす。

2:空いた種部分に塩を大さじ2杯(ひとつかみ)すりこんで、漬け物タル等に上向きに敷きつめ2日間ほど漬ける

3:2日後、ウリの水分が上がってきたら、ザルに入れて水を良く切る。さらに1枚1枚、キッチンペーパーでくるんで

  水分をとる。 (水分を丁寧にとることは美味しく漬けるコツ)

4:大きなボウルやナベに酒粕(4kg)砂糖(1kg)を入れてよく混ぜる

  (砂糖の量はお好みで・・・、ちなみに1kgは甘めの設定です)

5:漬け物タルに酒粕、ウリ、酒粕、ウリの順で交互に広げながら重ねて敷きつめる(くりかえし)

  4週間ほど漬け込んで、できあがり!

※美味しくて、食べ過ぎると酔っ払いますので注意が必要です。

 

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

月のお漬物 

   ‐そのまんまピンクの大根です‐ 『赤大根の甘酢漬け』 

 

DSC03132.JPG  <材料>

 ・赤大根(300g)

 ・塩(大さじ1)

 ・砂糖(50g) 

 ・酢(150ml)














【かんたんレシピ】

1:赤大根の皮を剥き、薄い半月切りにし軽くで揉んでおきます

2:漬物容器に砂糖を混ぜ入れ、そこに1の赤大根を並べ、室温で丸一日漬ける

3:その後、冷蔵庫で冷やして・・・。ハイ、できあがり!

※丸一日漬けるだけでキレイなピンク色に!

  着色料は一切使っていない自然のピンク色なのです。

 

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

月のお漬物 

      ‐酒粕がきいてマス‐ 『秋ナスの酒粕漬け』 

 

DSC02299.jpg  <材料>

 ・秋の長ナス(1kg⇒6‐7本)

 ・塩(お好みで)

 ・砂糖(お好みで) 

 ・酒粕(3.5kg)














【かんたんレシピ】

1:酒粕を大きなタッパに移す

2:砂糖を入れて混ぜ合わせる

3:秋ナスをタテに半分に切る、さらに、斜めに切れ込みを入れて漬かりやすくする

4:味を調えた酒粕に漬け込んで、冷蔵庫で保存

5:漬かり具合を見ながら、3日ぐらいを目安に・・・。ハイ、できあがり! 

 

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

七-八月のお漬物 

       

              ‐しょうがの風味爽やかに‐ 『キュウリ漬け』

 

  キュウリ漬け.jpg<材料>

・きゅうり(1kg⇒約8‐10本)

・塩(20g)

・しょう油(50g) 

・砂糖(100g)

・酢(60g)

・ふじっ子[塩こんぶ](1袋30g)

・しょうが(少々)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【かんたんレシピ】

 1:キュウリを細かく刻んで、を入れて一昼夜つけておく

 2:一昼夜つけたキュウリをよく洗って、水分をキッチンペーパーで吸い取る

 3:しょう油、砂糖、酢を煮立てた鍋に、千切りにしたしょうがキュウリ塩っぺ(ふじっ子)を入れて混ぜ合わせる。

 4:冷めたらタッパやボウルに移して、冷蔵庫でよーく冷やして。ハイ、できあがり。 

 

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

ご来店されるお客さんに、気まぐれでお出ししている

「お茶とお漬物」

特にお漬物は4代目の母(みよ)が季節を通して自家製でつくったものをお出ししています。

 

 『ふとんは買わないよー。もう死ぬっきりだから・・・。でも、お茶はいただいてくよー』

 

という、ものすごく元気なお婆ちゃんが、みよちゃんのお漬物食べたさに

お店でヒマをつぶしていきます。

 

miyo.jpg 

 『自家製のお漬物なんて大変やね・・・。』 

 『あっ、コレ美味しい! どうやって作るのー。』

 『あの、よかったら分けてもらえませんか・・・。』         

と、よくお客さんに言われます。

 

本人に聞いたことありませんが、

母はきっと、おふとんの商売に限らず、お客さんに喜んでもらえれば、

それが原動力となってがんばっちゃうタイプです。

 

「季節にあわせて、旬の野菜を使い、自家製の漬物をつくること」

 

それはもう、昔からつづく箱山家の伝統みたいなもんで、習慣になっています。

箱山家というより、長野という郷土の習慣【長生きの秘訣】と言ってもいいと思います。

 

みよちゃんは研究熱心なので、人から聞いたレシピや、TVや雑誌でみたものを

パパッとつくっちゃいます。

 

そんな、『みよちゃんの自家製お漬物』をここでは

「かんたんレシピ」とともにご紹介していきます。

 

できれば、月1レシピで・・・。

 

ふとん屋の仲間

ページトップ